人材・教育・組織の総合コンサルティング|株式会社KANJIN

脳医科学診断プログラムを利用した
カウンセリングとマネジメント

脳医科学診断プログラムとは、脳医科学の知見から研究開発がわれた世界初であり最新の分析プログラムです。診断結果に基づき分析を行うことで、人材それぞれに合わせた教育方法と適正配置を知ることができます。人材による悩みとコストを軽減し、組織全体の能力の底上げを図ることで、欲しい成果を挙げられるようになるのです

脳医科学診断プログラム

B-BRAINの特徴

生まれてから現在までの間、育ってきた環境、取り組んできた事柄は人それぞれに違います。それによって、物事に対する感じ方、考え方、選択の基準は人によって違ってくるのです。その違いは「思考のクセ」として現れます。
その思考のクセ、さらにメンタル状態までも数値化してくれるのが「脳医科学診断プログラムB−BRAIN」です。

▶︎脳の傾向の数値化

▶︎メンタル状態の数値化

診断結果はこちらの表で示されます。
これをさらに細かく分析することで、それぞれの脳の傾向やメンタル状態に合わせたマネジメントや人員配置を行うことが可能です。従業員様のメンタルヘルスとして福利厚生に組み込んだり、コミュニケーション研修などにも最適です。

お問い合わせはこちらまで